メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
オンライン資格確認・医療情報化支援基金関係 医療機関等向けポータルサイト

トップページ >  よくあるお問い合わせ(FAQ) >  オンライン資格確認に係る運用について

オンライン資格確認に係る運用について

画面 資格確認

画面

Q1. オンライン資格確認等システムへのログイン時に、「前回正常にログアウトされていなかった可能性があります。または、該当のユーザは既に使用されています。強制的にログインしますか?」というポップアップメッセージが表示されますが、どのように対処すればよいでしょうか。
A1. ポップアップメッセージの《OK》をクリックしてログインを実施してください。強制的にログインを行ってもシステムには問題ございません。なお、本ポップアップメッセージは、以下の4つのケースのいずれかに該当した際のログイン時に表示されます。
・オンライン資格確認等システムにログインしたまま、右上の「X」ボタンをクリックして画面を閉じた場合
・30分ほど未操作のまま強制ログアウトした場合
・同一のアカウントで複数のユーザがログインした場合
・オンライン資格確認等システムにログインしたまま、資格確認端末の強制終了等でブラウザが閉じてしまった場合

資格確認

Q1. 券面に枝番(2桁)の記載の無い健康保険証を患者が持参した場合でも、オンライン資格確認を実施できますか。
A1. レセプトコンピュータ用端末に健康保険証券面の保険者番号、記号、番号及び生年月日を入力・検索することで資格確認を実施することが可能です。
枝番(2桁)については、令和2年10月より保険者にて付番を開始しており、オンライン資格確認等システムに登録されます。
オンライン資格確認を行うことで、枝番(2桁)の取得が可能となります。
なお、令和3年4月以降に新規で発行される被保険者証については枝番(2桁)が記載されますが、これまで発行していた保険証の再発行義務はございません。
そのため、オンライン資格確認開始後(令和3年3月)も、枝番(2桁)の記載がない保険証は残り続けますので、ご留意ください。

Q2. 入力したデータと異なるデータがオンライン資格確認等システムから返ってきたが、取り込んでも大丈夫なのか。
A2. 入力データによって、記号・番号に「●」、「/」や「空白」等のデータが返される場合がございますが、
そのままの内容でレセプト請求いただいても差し支えございません。そのままの内容を取り込むか否かについては医療機関にてご判断願います。

Q3. 資格確認を行いましたが、「該当資格情報無し」または「無効」と結果が表示され、資格情報が返ってきません。
確認したところ有効と考えられるが、なぜ資格情報が返ってこないのか。またこの場合、医療機関等窓口ではどのように対応すればよいか。
A3. 下記内容が考えられます。

【該当資格情報無しの場合】
・オンライン資格確認等システムの対象外の制度または、医療保険者等が資格情報を登録していない場合
・医療機関等職員による記号・番号等の打ち間違いの場合

【無効の場合】
・転職等で月末に資格を喪失しているケース
※一部レセコンメーカーで「該当資格情報無し」の場合に「無効」と表示するものがあります。

【資格確認結果に対する問い合わせ先】
・「医療機関等窓口における対応について」2スライド目をご覧ください。

Q4. 顔認証付きカードリーダーで顔認証や暗証番号による認証をどちらも行えない場合、どのように資格確認を行えばいいでしょうか。健康保険証を提示していただく以外の方法での対処法がありますか。
A4. オンライン資格確認等システムの目視確認モードをご活用ください。
目視確認モードとは、マイナンバーカードの顔写真と患者本人が同一であるか受付職員が目視で確認することで本人確認を行い、資格情報の確認ができる機能です。
目視確認モードでの資格確認の方法については、「オンライン資格確認等システム運用マニュアル」(「病院・診療所向け P14」、「薬局向け P14」)に記載しておりますので、各リンク先をご確認ください。
(参考)
オンライン資格確認等システム 運用マニュアル(病院・診療所向け、薬局向け)
医療機関等向けポータルサイト>各種資料ダウンロード>医療機関・薬局の運用について知りたい方はこちら
https://www.iryohokenjyoho-portalsite.jp/download/post-13.html
また、令和5年7月10日の「マイナンバーカードによるオンライン資格確認を行うことができない場合の対応について(保発0710第1号)」(「2.1のケースにおける資格確認及び窓口負担」(2))にも目視確認モードで資格確認が行えることについて記載しております。
※目視確認モードの立ち上げ方等は、以下をご確認ください。
mokushi_1.png  mokushi_2.png

 

Q5. 国民健康保険の患者だが、資格有効日が空欄で表示される。
A5. オンライン資格確認では、原則として国民健康保険の患者でも資格有効日は空欄で返却されます。(保険者によっては更新日を入れている場合があります。 )
   なお、資格有効日が空欄で表示された場合でもその資格は有効となります。

Q6. 国民健康保険に加入している患者の保険証に記載されている適用開始年月日(資格取得日)と、オンライン資格確認等システムで表示される有効開始日に相違がある。(交付年月日についても同様の事象があり)
A6.
1、保険証の適用開始年月日(資格取得日)とオンライン資格確認等システムの有効開始日が相違する理由
 ・保険証に記載されている適用開始年月日はその国保に加入した日を指すため、基本的に日付は変わりません。
  一方で、オンライン資格確認等システムの有効開始年月日は資格が有効となる日付を指しており、保険証区分(一般証・短期被保険者証など)や、後期高齢者の負担割合など、資格の情報に変更があった場合、有効開始年月日は更新されます。

2、保険証の交付年月日と、オンライン資格確認等システムの交付年月日が相違する理由
 ・国民健康保険の場合、保険証は1年ごとに発行されるため、そのたびに交付年月日の日付は更新されます。
  しかし、オンライン資格確認等システムでは、n年度の保険証の有効終了日と、n1年度の保険証の有効開始日に空白期間が1日もない場合、n年度の交付年月日が表示されます。詳細については下記の例をご参照ください。※¹ ※² ※³
※¹ 保険証、保険証区分、後期高齢者の負担割合など、資格の情報に変更がない場合に限ります。変更がある場合、交付年月日は更新されます。
※² これは、国民健康保険の被保険者情報を連携している「情報集約システム」の仕様に依るものとなります。
※³ 高齢受給者証・限度額認定証も同様となります。
このため、被保険者証に記載されている日付と、オンライン資格確認等システムから返却される日付にずれが生じる場合がございます。
例) A市国保加入の被保険者 (保険証区分:一般)
①有効開始日:202281日 有効終了日:2023731日 交付年月日:202281
②有効開始日:202381日 有効終了日:2024731日 交付年月日:2023年8月1日
③有効開始日:202481日 有効終了日:「空欄」     交付年月日:2024年8月1日
この場合①、②、③ともにA市の国保で、①・②・③それぞれの有効終了日と有効開始日に空白期間がないため、オンライン資格確認等システムでは
有効開始日 「202281日」  有効終了日 「空欄」 交付年月日「202281日」 として取り扱われます。

Q7. 患者のオンライン資格確認等システムの資格情報について、市区町村に問い合わせたら本市の保険加入者ではないため分からないと言われた。どこに問い合わせたらよいか。
A7. オンライン資格確認等システムの資格情報の連携元は、その患者様が加入している医療保険者となります。