メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
オンライン資格確認・医療情報化支援基金関係 医療機関等向けポータルサイト

トップページ >  よくあるお問い合わせ(FAQ) >  当サイトの利用・アカウント登録について

当サイトの利用・アカウント登録について

Q1. オンライン資格確認は必ず導入しなければいけませんか。

A. オンライン資格確認の導入により、(1)受付における患者の資格情報の自動取得、(2)過去の薬剤情報・特定健診情報の閲覧が可能になるなどのメリットがありますので、ぜひ導入の検討をお願いします。

Q2. 複数の保険医療機関等を開設していますが、アカウント登録は一つの保険医療機関等で行えばいいのですか。

A. 今後の顔認証付きカードリーダーの申込手続き等で必要になりますので、保険医療機関等ごと(保険医療機関等コードごと)に登録をお願いします。なお、入力いただくメールアドレスはポータルサイトでのIDとなりますので、別々のアドレスをご準備いただきますようお願いします。(医科・歯科併設の保険医療機関も同様です。)

Q3. ポータルサイトのアカウント登録に費用はかかりますか。

A. 費用はかかりません。

Q4. ポータルサイトにアカウント登録すると、年会費など費用はかかりますか。

A. 費用はかかりません。

Q5. アカウント登録の際、複数のメールアドレスを登録したいのですが。

A. メールアドレスは、ポータルサイトにおける保険医療機関等のIDと同様の取扱いとなりますので、アカウント登録は施設の代表として「1施設・1アカウント(アドレス)」でお願いします。

Q6. ポータルサイトにアカウント登録しなくても、ポータルサイトは見られますか。

A. 見られます。ただし、個別の保険医療機関等に宛てた文書など、一部閲覧できないものもあります。また、アカウント登録されない場合、各種お知らせメールの受信や、ポータルサイトから補助金の申請などができません。

Q7. 当サイトの利用手順を教えてください。

A. 各種申請などの順序やタイミングについては、こちらをご覧ください。

Q8. 「仮登録メールを送信する」ボタンを押しましたが、「アカウント登録用URLを記載したメール」が受信できません。

A. ドメイン(@より後ろ)指定受信などの設定をされている場合は、ドメイン「shinsei.iryohokenjyoho-portalsite.jp」を許可するように設定してください。また、メールソフト等の設定によっては、「迷惑メールフォルダ」に分類されることも考えられますので、併せてご確認ください。

Q9. 「仮登録メールを送信する」ためのメールアドレスを誤って入力してしまいました。

A. 仮登録メールのアドレスを誤って入力した場合、本登録を行うための「医療機関等向けポータルサイトアカウント登録用URLのご案内」メールが届きません。再度仮登録メールの送信画面から、正しいメールアドレスを入力し、送信してください。

Q10. アカウント登録したのですが、ログインできません。

A. パスワードは大文字・小文字も区別されます。「Caps lock(英数)」ボタンや「Num lock」ボタンを押されていないか等、確認をお願いします。なお、再度パスワードを設定される場合はこちらをご覧ください。

Q11.メールアドレスが分からないためログインできません。どのような処理をすればよいですか。

A.医療情報化支援基金が登録情報を確認後、アカウント修正を可能とする「医療機関等向けポータルサイトへのログイン時に使用するパスワード等通知書(以下、通知書という)」を送付いたしますので、オンライン資格確認等コールセンター:0800-0804583(通話無料)へご連絡ください。通知書がお手元に届きましたら、任意のアカウント情報へ変更することが可能となります。通知書の見方、アカウント情報の再登録方法を確認される方は→こちら

Q12.パスワードが分からないためログインできません。どのような処理をすればよいですか?

A.パスワードの再設定が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

Q13.現在登録しているメールアドレスを変更したいのですが。

A.従前から登録しているメールアドレスがお分かりになり、現在使用できる場合はこちら

メールアドレスは分かるが使用できない場合、あるいはメールアドレスそのものを失念されている場合は、Q11を参照の上、オンライン資格確認等コールセンター:0800-0804583(通話無料)に照会願います。

Q14. 新規開設予定の医療機関・薬局は医療機関等コードがないため、医療機関等向けポータルサイトへのアカウント登録ができず、顔認証付きカードリーダーの提供申請ができません。診療開始に間に合うよう顔認証付きカードリーダーを導入したいのですが、どのようにしたらよいですか。【2021.1.20厚生労働省Q&A 新設保険医療機関・新設保険薬局について

A. 医療機関・薬局を新規開設予定であって、開設と同時にオンライン資格確認導入を希望される場合は、支払基金に「仮コード」の発行依頼をお願いします。
「仮コード」の発行にあたっては、
① 開設を予定している施設の情報として(未定である場合はその時点での予定で可)、
〇 施設種別(病院、診療所、薬局)
〇 施設名称
〇 施設所在地
〇 開設時期
② 開設者の情報として、
□ 開設者氏名(法人の場合は名称及び代表者氏名)
□ 保有資格(医師、歯科医師、保険医、薬剤師、保険薬剤師、その他)
を別紙「医療機関等向けポータルサイトでのアカウント登録用仮コード付番依頼書」に記載し、支払基金に申請いただく必要があります。

Q15. 保険医療機関等として診療等を開始した後、しばらく検討した上で、オンライン資格確認を導入しようと考えていますが、仮コードや受付番号の発行依頼をしなければなりませんか。【2021.1.20厚生労働省Q&A 新設保険医療機関・新設保険薬局について

A. 保険医療機関等として診療等を開始した後、しばらくしてからオンライン資格確認を導入する場合は、地方厚生(支)局都府県事務所等から発行された医療機関等コードを用いて医療機関等向けポータルサイトへアカウント登録等を行ってください。仮コードや受付番号の発行依頼は不要です。

Q16. 仮コード申請時、開設予定場所への電話敷設前で電話番号が未定の場合など、未定の項目がある場合はどうしたらいいですか。【2021.1.20厚生労働省Q&A 新設保険医療機関・新設保険薬局について

A. 申請時点での情報で仮コード申請いただいて差し支えありません。
なお、担当の方との連絡が可能な電話番号等の記載をお願いします。

Q17. なぜ支払基金に「仮コード」、地方厚生(支)局に「受付番号」と、別の番号をそれぞれに発行依頼しなければならないのですか。【2021.2.1厚生労働省Q&A 新設保険医療機関・新設保険薬局について

A. オンライン資格確認を利用するためには、地方厚生(支)局から発行された「医療機関等コード」が必要となります。
しかし、新設の医療機関等については、保険医療機関等として指定される以前には「医療機関等コード」を有していないことから、診療開始月の月初からのオンライン資格確認を利用できるよう(システム等の事前準備を行えるよう)ご準備した手続となります。

・「仮コード」は、医療機関等向けポータルサイトへのアカウント登録、顔認証付きカードリーダーの申込※1でのみ利用可能です。「仮コード」では、保険医療機関等であることの真正性等が確認できないことから、オンライン資格確認のシステム準備※2では利用できません。

・「受付番号」は、診療開始月の月初からオンライン資格確認の利用を希望する医療機関が、地方厚生(支)局において所定の期限までに保険医療機関等の指定申請を行った場合に払い出されるものです。保険医療機関等としての指定に向けた手続を進めていることが確認できることから、オンライン資格確認のシステム準備※2において利用可能です。

※1 顔認証付きカードリーダーは受注生産のため、申込から発送まで一定の期間かかります。
(令和3年1月時点で4~5ヶ月程度)
※2 顔認証付きカードリーダーの発送手続、オンライン資格確認利用申請、電子証明書の発行申請

Q18. 書面による申込みにおける取扱いはどうなりますか。【2021.2.1厚生労働省Q&A 新設保険医療機関・新設保険薬局について

A. オンラインによる申込みと同様に、「仮コード」及び「受付番号」を用いて各申請を行うようお願いします。