メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
オンライン資格確認・医療情報化支援基金関係 医療機関等向けポータルサイト

トップページ >  電子処方箋導入に向けた準備/ システム対応について

電子処方箋導入に向けた準備/ システム対応について

電子処方箋導入に向けた準備/システム対応について

Q1. 電子処方箋の導入に対応する電子カルテシステムや薬局システムのシステム事業者をどのように把握できますか。
A1. 現在ご使用いただいているシステムの事業者が対応しているかは、直接システム事業者にお問い合わせください。
Q2. 電子カルテシステムや電子薬歴システムを導入しておらず、レセプトコンピュータで処方箋発行や受付を行っているのですが、電子処方箋を導入することはできますか。
A2. 電子処方箋に対応する端末に制限は設けていないため、レセプトコンピュータでも電子処方箋に対応できます。
ただし、レセプトコンピュータメーカーによっては対応していない可能性もあるため、まずはシステム事業者にお問い合わせください。
Q3. 現在レセプトコンピュータで処方箋を発行している場合、受付に端末がありますが、どのように医者が重複投薬等チェックの結果確認や処方箋発行を行うのでしょうか。
A3. 診察室にも医師が操作する端末を設ける等、運用方法については各医療機関でご判断いただけます。
Q4. 電子処方箋を導入することにより、院内/局内のシステムをインターネットに接続する必要はありますか。
A4. 電子処方箋の導入により、外部のインターネットと接続する必要はありません。
Q5. ある薬局で処方箋の受付を行い、当薬局のシステムに取り込まれた処方箋の電子ファイルを他の薬局で取り込むことはできますか。
A5. 他施設では取り込めません。ただし、受付をした薬局で処方箋の受付を取り消す処理を行うことで、他の薬局でも処方箋の受付ができるようになります。
Q6. 電子処方箋の登録や処方調剤情報閲覧にどのくらいの時間かかりますか。
A6.検証用の端末を医療機関・薬局に持ち込み、電子処方箋管理サービスからの応答時間(レスポンス)を測定したところ、以下の結果が得られています。
・処方箋登録(電子署名あり):平均約2秒
・調剤結果登録:平均約2秒
・重複投薬等チェック(事前処理あり)
 医療機関:平均約1秒、薬局:平均約2秒
(注)上記結果を踏まえ、実際に操作した医療従事者等からは、システム利用上のレスポンスとしては問題ないとの評価を得ています。
Q7. 電子処方箋の運用開始に伴い、医療機関・薬局側のネットワーク機器において電子処方箋管理サービス(本番環境)への接続に際して必要となる設定変更にはどのような内容が想定されるか教えてください。
A7. 医療機関・薬局側のネットワーク機器で設定変更が必要かどうかは、医療機関・薬局側のネットワーク環境によるため、まずは院内・局内ネットワークのネットワーク事業者等へ問合せしてください。併せて、電子処方箋管理サービス(本番環境)への接続に際しては必ずネットワーク接続確認ツール(オンライン資格確認の配信アプリケーションの一部として実施機関から提供)を使って、院内・局内ネットワークから電子処方箋管理サービスに接続できることを確認してください。
また、当該ツールでの確認でNGになる場合は、医療機関・薬局側のネットワーク機器においてルーティング等の設定変更が必要になる可能性もあるため、設定に必要な情報を院内・局内ネットワークのネットワーク事業者に確認してください。院内・局内ネットワークのネットワーク事業者で対応が難しい場合については、必要に応じてIP-sec事業者またはIP-VPN事業者へ問合せしてください。
なお、ネットワーク接続確認ツールが資格確認端末にインストールされていない場合は医療機関等システムベンダ等にご確認ください。